小山市 ペインクリニック内科・漢方内科
〒323-0812 栃木県 小山市 土塔234-47

TEL:0285-28-5186

腰痛・坐骨神経痛|小山市のペインクリニック内科・漢方内科|ぎっくり腰・椎間板ヘルニア

HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内

腰痛・坐骨神経痛

携帯サイトは左記QRコードを読取ってご覧ください。

HOME»  腰痛・坐骨神経痛

腰痛

腰痛
  • 動作に伴うメカニカルな腰痛には、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア(下肢の神経症状を伴う)や脊椎分離症などがあり、動作との関連性が低い腰痛には、脊柱やその周辺組織の感染や炎症、骨粗鬆症やがんの骨転移などが含まれます。
  • 内臓や骨盤内臓器の病気(膵臓がん、尿路結石、子宮内膜症など)も腰痛の原因になります。
  • 突然の痛みで身動きがとれなくなる“ぎっくり腰”には、硬膜外ブロックがとてもよく効きます。発症早期でのブロック治療は安静期間を短縮させますので、麻酔科医によるブロック治療がお勧めです。
  • 心身症や神経症などが原因の腰痛には、漢方医学的な治療が適しています。
  • 腰痛を有する方の85%は「原因の明らかではない腰痛」です。西洋医学的な治療で効果がみられないときには、漢方的発想で原因を探して対処することが治療成功の秘訣です。

坐骨神経痛

  • 殿部から下肢(大腿、下腿から足部(足底や趾))にかけての痛み、しびれや異常感覚です。
  • 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症や閉塞性動脈硬化症(血流障害)などが原因で発症します。
  • 腰部や殿部の筋の異常(過剰な緊張や収縮)から、坐骨神経痛と同じような痛みをきたすことがあります。
  • 原因を見つけて、適切な治療で対処することによって症状を和らげることができます。
  • 腰痛の治療と同じで、どのタイプの坐骨神経痛にも硬膜外ブックが高い効果を発揮します。