小山市 ペインクリニック内科・漢方内科
〒323-0812 栃木県 小山市 土塔234-47

TEL:0285-28-5186

肩こり・五十肩|小山市のペインクリニック内科・漢方内科|高血圧・更年期障害

HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内

肩こり・五十肩

携帯サイトは左記QRコードを読取ってご覧ください。

HOME»  肩こり・五十肩

症状・原因

肩こり 症状・原因
  • 肩、首回りや背中に重苦しい張りや痛みを感じます。肩のほかに、手指、肘や腕などのすこし離れた部位に痛みやしびれを伴うことがあります。
  • 仕事や家事で同じ姿勢や作業が続くと、僧帽筋や肩甲挙筋などの緊張が高まって血液の流れが低下すると、代謝産物や発痛物質が痛みの受容器を刺激します。これが凝りや痛みとして感じられます。
  • 頸椎には異常のない頸肩腕症候群(肩こりに上肢の痛みやしびれを伴う)がよくみられます。
    また、変形性頸椎症、肩関節周囲炎(五十肩)や頸椎椎間板ヘルニアなどが原因のこともあります。
  • ストレス、精神的疲労や興奮、不眠などのほかに、高血圧、慢性胃炎、更年期障害、眼精疲労や耳・鼻・歯の病気などでも肩こりが生じます。

治療

  • これらの原因に応じて治療することが大切です。
  • 治療には消炎鎮痛剤、トリガーポイント注射、経穴(つぼ)への注射などのほかに、漢方薬の併用が効果的です。肩こりの程度や個人差に応じて治療しましょう。
  • どのような症状でも、つらいときには悩まずに気軽にご相談ください。

肩関節周囲炎(五十肩)

肩関節周囲炎(五十肩)
  • 肩周辺の痛みと肩を思うように動かせなくなるのが特徴です。痛みは、腕、肘や手の方にまで生じることがあります。
  • よくみられる症状は、“肩や腕が痛くて夜眠れない”、“腕が挙がらないので洗髪ができない”、“ズボンや下着の着脱ができない”などです。
  • 肩を正常に働かせている24の筋群のいくつかに、何らかの原因でトリガーポイント(圧すると強い痛みを発する小さなポイント)とよばれる病変が生じ、筋が正常に伸展できなくなることが病因として推定されています。
  • 治療の目標は、このトリガーポイントをうまく見つけて、筋の拘縮と圧痛を解除することです。
    消炎鎮痛薬で改善しないときには、このポイントへの注射を活用するのが効果的です。
  • 発症から早い時期ほど高い治療効果が期待できますが、慢性化すると治療はとても困難になります。“6カ月ほど我慢すれば自然に治る”ことはありません。重症になる前にできるだけ早く治療することをお勧めします。